増毛法で自信を取り戻そう

頭皮への定着率が低い場合も

「増毛法で自信を取り戻そう」では様々な増毛法についての情報を公開しています。
増毛法について調べているなら当サイトにすべてお任せください。

 

自毛植毛の場合、自分の生きた髪を移植すると一度その後は抜け落ちて、新たな髪が移植後約3ヶ月ほどで生えてくるのですが、ヘアサイクルに影響される事が人工植毛はないため髪の毛が人工毛を植え付けたその日に生え揃った状態になります。 つまり即効性は自毛植毛に望めないが、即効性が人工植毛にはあるということです。

 

しかし持続性に関していうと、自毛植毛に比べ人工植毛の方が劣ります。 人工植毛の場合、頭皮の新陳代謝でせっかく移植しても自然に抜けることもある他、やはり頭皮に人工的なものを植え付けるわけですから頭皮への定着率が低い場合もあります。

 

自分の毛を移植する自毛植毛

「自毛植毛」と「人工植毛」の2種類が植毛にはあります。 簡単に言うと、これらの違いは植毛する毛が「自分の髪の毛であるのか」、または「人工的に作られた人工毛であるのか」にあります。

 

そして大きくこれらの異なる点は、「拒絶反応が植毛後にあるのか否か」です。 中でも自分の毛を移植する自毛植毛であれば、薄い部分へ生きた自分の髪の毛を移植する事から、拒絶反応を起こす可能性はありません。

 

それに対し人工植毛では、「自分のもので本来はない毛」つまり異物を頭に植えることになるため、拒絶反応がどうしても起こりうる可能性があり、中には人工植毛をした場合、頭皮の化膿や炎症を引き起こす人もいます。

 

「実際のところ増毛法についてあまり理解していないんだけど…」と悩んでしまっている方もいるでしょう。
増毛法について知らなくても全く問題なく、まず最初は口コミ情報や増毛法の情報サイトを参考にされてみてください。